公開講座市民向けの一般的な内容

今後の予定

第17期公開講座「コロナ禍との闘い ウイルスとの共生 -アフターコロナの生き方、社会のあり様を見据えて」のご案内

2020年度 熊本学園大学水俣学研究センター 第17期公開講座「コロナ禍との闘い ウイルスとの共生 -アフターコロナの生き方、社会のあり様を見据えて」を開催いたします。
今回の公開講座では、「感染症」と向き合ってきた⻑い歴史の中で、「いま何が起きているのか」「何を学ぶことができるのか」「今をいきる私たちに、また社会に突きつけられているものは何か」について、共に学び、考え、議論していきたいと思います。
開講日:2020年929日から1027日の毎週曜日
場 所:エコネットみなまた(水俣市 南福寺60番地 0966-63-5408)(ロッキー南福寺隣)
時 間:18:30~20:30
対 象:水俣・芦北地域の市民(どなたでも、ご参加できます)
後 援:水俣市、水俣市教育委員会
◎講義日程と講師
〇9月29日「未知の”感染症”にどう向き合っていくのか 〜ワンヘルス(One Health)の視点から〜」
〇〇宮北隆志 (水俣学現地研究センター長、熊本学園⼤学社会福祉学部 教授)
〇10月6日「新型コロナウイルス対策〜これまでとこれから〜」
〇〇和⽥耕治 (国際医療福祉⼤学 教授)*オンライン講演
〇10月13日「感染症の洋の東⻄:コロナ自粛の経済学
〇〇花⽥昌宣 (水俣学研究センター長、熊本学園⼤学社会福祉学部 教授)
〇10月20日
新型コロナ感染症 熊本県下の動向
〇〇宮北隆志(水俣学現地研究センター長、 熊本学園⼤学社会福祉学部 教授)
「新型コロナ感染症の予防と対策︓開業医の⽴場から」
〇〇髙野義久 (たかの呼吸器科内科クリニック 院⻑)
〇10月27日「新型コロナウイルス感染症と日々の暮らし
〇〇水俣市の民生委員、介護支援専門員、調剤薬局経営者、こども園園長
*2020年8月18日、一部講師とタイトルが変更になりました。
*新型コロナウイルス感染の状況によっては、 全て会場でのオンライン講演となる場合もあります
*受講はすべて無料です。全講義受講者には修了証を発⾏します
*出席の際は、マスクの着用をお願いいたします。
*会場ではヘルスチェックシートのご記入をお願い致します。

◎受講を希望される方は、参考資料の申し込み用紙に必要事項を記入の上、
メール:m-genchi@kumagaku.ac.jp、FAX:0966-83-8883にお送りください。電話0966-63-5030でも受け付けています。

以下は終了しました

研究活動報告

第17期公開講座「コロナ禍との闘い ウイルスとの共生 -アフターコロナの生き方、社会のあり様を見据えて」を開催いたしました。

本年度は「コロナ禍との闘い、ウイルスとの共生:アフターコロナの生き方、社会のあり様を見据えて」と題し、「感染症」と向き合ってきた長い歴史の中で、「いま何が起きているのか」「何を学ぶことができるのか」「今をいきる私たちに、また社会に突きつけられているものは何か」について、共に学び、考えることを目的として開催いたしました。
初回は、熊本学園大学社会福祉学部教授・水俣学現地研究センター長の宮北が「未知の”感染症”にどう向き合っていくのか 〜ワンヘルス(One Health)の視点から〜」として、国内の新型コロナ感染症の状況、感染予防対策など全体像について理解を深めた。2回目は、国際医療福祉⼤学和田耕治教授に「新型コロナウイルス対策〜これまでとこれから〜」として国内外の感染状況、対策、今後の取り組みを分かりやすく話していただいた。感染拡大防止のためオンラインの講演であったが、個人が具体的に取り組む感染予防なども共通認識として持つことができた。3回目は熊本学園大学社会福祉学部教授・水俣学研究センター長の花田が「感染症の洋の東⻄:コロナ自粛の経済学」として感染症に対する差別問題と経済問題について解説した。4回目はたかの呼吸器科内科クリニック髙野義久院⻑が「新型コロナ感染症の予防と対策-開業医の⽴場から」として新型コロナの特徴などについて学ぶことができた。最後は、水俣市内で介護や医療、保育の現場から4人に取り組み、工夫について報告していただいた。5回とも、活発な意見や質問が多く、充実した公開講座となった。今回の公開講座は、延べ176の方が受講、17人の方が全5回を受講され、修了証を発行しました。
開催にあたり新型コロナ感染症拡大防止のため、受け付けでの体温測定、ヘルスチェックシートのご協力、アルコール消毒を行い、開講中はマスクの着用、換気、終了後のアルコール消毒など感染予防対策を行いました。
今回の公開講座の様子が西日本新聞10月1日、8日、15日、22日、29日に掲載されました。

最近の研究・活動報告