公開講座市民向けの一般的な内容

今後の予定

第18期公開講座「新型コロナウイルス感染症に翻弄される暮らしと社会:私たちはどのような未来を選択しようとしているのか?」のご案内

2021年度熊本学園大学水俣学研究センター 第18期公開講座「新型コロナウイルス感染症に翻弄される暮らしと社会:私たちはどのような未来を選択しようとしているのか?」を開催いたします。

 2020年3⽉のパンデミック宣⾔(WHO)から1年半、新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)による未知の感染症(COVID-19)は、世界中に蔓延し(確認された感染者は1億9000万⼈を超え、死者は400万⼈を上回る:7⽉19⽇現在)、未だに終息への道筋は⾒えてこない。未知のウイルスは、変異を繰り返す中で感染⼒を⾼めつつあり、その起源、⼈への感染ルートの解明もなされない中で、社会的格差が拡⼤し、「貧困」の固定化が進⾏している。
 昨秋に続く今年度の公開講座では、この1年あまりの間にあぶり出されてきた諸課題をみんなで確認・共有し、「今を⽣きる私たちに、また社会に求められているものは何か」についての議論を深め、⼈と⼈・⽣き物、そして健全な⽣態系全体とのつながりをより豊かにしていくための⽅策について、⽔俣・芦北地域から発信していきたい。
開催日程:2021年 9⽉28⽇ から10⽉26⽇ の 毎週曜⽇
会  場:エコネットみなまた(熊本県⽔俣市南福寺60)
時  間:午後6時30分〜8時30分
対  象:水俣・芦北地域の市民(どなたでも、ご参加できます)
後  援:水俣市、水俣市教育委員会
◎講義日程と講師
9月28日 「新型コロナウイルス対策これまでとこれから」
〇〇〇〇〇和⽥ 耕治(国際医療福祉⼤学医学部公衆衛⽣学 教授/厚⽣労働省専⾨家会議疫学班)
10月5日 「新型コロナ対策の疫学的検討」
〇〇〇〇〇緒⽅ 剛 (茨城県潮来保健所⻑/⽇本公衆衛⽣学会感染症対策委員)
10月12日 「政令指定都市の保健所での取組を振り返って」
〇〇〇〇〇⾼本 佳代⼦ (宮崎県⽴看護⼤学 講師/元熊本市保健衛⽣部⻑ 統括保健師)
「今だからこそ考えよう、持続可能でレジリエントな暮らしと社会」
〇〇〇〇〇宮北 隆志 (熊本学園⼤学社会福祉学部 教授/水俣学現地研究センター長)
10月19日 「熊本県の県型保健所におけるコロナ対応」
〇〇〇〇〇劔 陽⼦ (菊池保健所⻑/県北広域本部保健環境福祉部⻑/菊池福祉事務所⻑)
10月26日 「感染症と⼈権―新型コロナウイルス感染症をめぐる差別―」
〇〇〇〇〇⽮野 治世美 (熊本学園⼤学社会福祉学部 准教授/水俣学研究センター研究員)

*新型コロナウイルス感染の状況によっては、講師が来場せずに遠隔で講演を行う場合もございますのでご了承ください。変更等については、ホームページ上に掲載いたしますのでご確認ください。
*今期より、毎回、オンライン(ZOOM)での受講が可能となりました。
*オンライン(ZOOM)受講を希望される方は、申込書に必ずメールアドレスをご記入下さい。毎講義前にURLを送信いたします。
*出席の際は、マスクの着用をお願いいたします。
*発熱や咳等、風邪の症状がある場合は、参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。

◎受講を希望される方は、参考資料の申し込み用紙に必要事項を記入の上、
メール:m-genchi@kumagaku.ac.jp、FAX:0966-83-8883にお送りください。
電話0966-63-5030でも受け付けています。

 

 

 

以下は終了しました

研究活動報告

第18期公開講座「新型コロナウイルス感染症に翻弄される暮らしと社会:私たちはどのような未来を選択しようとしているのか?」を開催いたしました

第18期公開講座「新型コロナウイルス感染症に翻弄される暮らしと社会:私たちはどのような未来を選択しようとしているのか?」をエコネットみなまた(水俣市南福寺)で9月28日(火)から10月26日(火)までの毎週火曜、全5回を開催いたしました。
初回は和⽥耕治先生(国際医療福祉⼤学医学部公衆衛⽣学 教授/厚⽣労働省専⾨家会議疫学班)が「新型コロナウイルス対策これまでとこれから」として、ワクチン接種に関して報道への信頼が低いことなどを指摘するとともに、家族内では40~60歳代の女性の意思決定が重きを置くことなど、今後の見通しも含めわかりやすくお話をしていただきました。
2回目は緒⽅剛氏(茨城県潮来保健所⻑/⽇本公衆衛⽣学会感染症対策委員)からは 「新型コロナ対策の疫学的検討」と題し、保健所の具体的な取り組みを新型コロナウイルス対策の初期から現在まで事例と、今後の取り組みなどをオンラインでお話していただきました。
3回目は⾼本佳代⼦先生(宮崎県⽴看護⼤学 講師/元熊本市保健衛⽣部⻑ 統括保健師)からは「政令指定都市の保健所での取組を振り返って」と題し、昨年まで熊本市保健衛生部長として取り組んだ事例、一般にはあまり知られていない保健所の役割について、オンラインでお話していただきました。また、宮北隆志先生(熊本学園⼤学社会福祉学部 教授/水俣学現地研究センター長)からは、「今だからこそ考えよう、持続可能でレジリエントな暮らしと社会」として新しい生活とは何なのか、地球環境の中で生きる人間の今後についてのお話でした。
4回目は劔 陽⼦氏(菊池保健所⻑/県北広域本部保健環境福祉部⻑/菊池福祉事務所⻑)からは「熊本県の県型保健所におけるコロナ対応」と題し、保健所において新型コロナウイルス陽性者の具体的な対応、感染者数が増えたときの苦労も含め、実態をオンラインでお話していただきました。
最後は、⽮野治世美先生(熊本学園⼤学社会福祉学部 准教授/水俣学研究センター研究員)は「感染症と⼈権―新型コロナウイルス感染症をめぐる差別―」と題し、差別は、私的差別、公的差別、構造的差別から成り立っており、構造的差別は見えにくく、わかりにくいがために差別に気が付かない。そのため、権利教育としての人権教育が必要であることをわかりやすくお話していただきました。
本年度は、新型コロナ感染症予防の立場から、会場とZOOMを用いたハイブリッド方式で開催いたしました。そのため、水俣・芦北地域だけでなく、関東や関西からも受講される方がおられました。受講生は延べ213人でオンラインの受講生は73でした。
開催にあたり新型コロナ感染症拡大防止のため、受け付けでの体温測定、ヘルスチェックシートのご協力、アルコール消毒を行い、開講中はマスクの着用、換気、終了後のアルコール消毒など感染予防対策を行いました。
今回の公開講座の様子が西日本新聞9月30日、10月7日、14日、22日、熊本日日新聞9月28日に掲載されました。参考資料をご覧ください。

最近の研究・活動報告