水俣学講義熊本学園大学 学生向け講義

今後の予定

第20期 水俣学講義のご案内

第20期水俣学講義を9月30日(木)から2022年1月20日(木)までの間(冬季一斉休業などを省く)、毎週木曜に開講いたします。
時 間:13:00~14:30 教 室:1421教室(14号館2階)
◎今期は、遠隔授業です。*熊本学園大学の履修生はmanabaからの受講してください。
◎開講時には、ライブ中継を行いますので、水俣学研究センターホームページよりご覧ください。http://www3.kumagaku.ac.jp/minamata/(講義時間中のみ視聴可能です。)

◎講義日程(予定)
1:9月30日 「水俣学への誘い」 花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
2:10月7日 「水俣病の補償・救済制度ー小児性・胎児性水俣病患者のいまー」 田㞍雅美(水俣学研究センター研究員)
3:10月14日「わた史の中のミナマタ」 栁田耕一(初代水俣病センター相思社世話人)
4:10月21日「胎児性水俣病患者と障害者」 永本賢二(胎児性水俣病患者)
5:11月 4日 「水俣病か知ることを「戦争」と表現するしかない患者たちの今」 井上ゆかり(水俣学研究センター研究員)
6:11月11日 「琵琶湖と共に50年~原点は水俣~」藤井絢子(NPO法人 菜の花プロジェクトネットワーク 代表)
7:11月18日「私の反原発闘争と水俣、そして東日本大震災」 阿部美紀子(宮城県女川町議会議員)
8:11月25日「水俣病と地方紙の役割」 石貫謹也(熊本日日新聞社編集局地域報道本部社会担当部次長)
9:12月 2日 「目標年度2020年を経過した水俣条約と世界の水銀使用の現状と課題」中地重晴(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
10:12月 9日 「新潟メチル水銀中毒症の公表とその後の経過、今後の課題」 斎藤 恒(木戸病院 名誉院長)
11:12月16日 「チッソの企業体質とその特異性」 磯谷明徳(下関市立大学経済学部特命教授)
12:12月23日 「チッソ水俣病関西訴訟最高裁判決の歴史的意義と残された課題」 小野田 學(小野田法律事務所)
13:2022年 1月 6日   DVD上映(予定)
14: 1月13日 「石牟礼道子と水俣学」 田中優子(法政大学名誉教授)
15: 1月20日 「『水俣病と水俣学の将来展望』水俣学のめざすもの」 花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)

以下は終了しました

研究活動報告

第20期水俣学講義全15回終了いたしました

第20期水俣学講義を9月30日(木)から2022年1月20日(木)まで全15回終了いたしました。本年度も、水俣病の被害当事者、支援者、研究者、医師など多彩な方々が講師を務めてくださいました。
 〇支援者としては初代「水俣病センター相思社」世話人の栁田氏から、患者支援に携わるようになったきっかけやその後の苦労などを具体的に知ることができました。水俣から永本氏は、「胎児性水俣病患者と障害者」と題し、子どものころの経験、障害者と共に生きることについて伺いました。滋賀から藤井氏が琵琶湖での環境を守る取組と水俣の関わりについて、パワーに満ち溢れた活動を知ることができました。東日本大震災について阿部氏から貴重な事故当時の写真を拝見、なお続く原発問題に向き合う活動を具体的に伺いました。報道からは現役の熊本日日新聞から石貫氏が「水俣病と地方紙の役割」と題し、自身の取材を通した水俣病との向き合い方も知ることができました。新潟からは水俣病発生初期から調査を続けている斎藤医師には、発生初期からの医学的研究、支援が広がる工夫など貴重なお話を伺いました。研究者の磯谷氏からは、2021年に出版した『水俣に生きた労働者 チッソと新日窒労組の59年』をもとに長期にわたる調査とその結果について報告していただきました。小野田弁護士からはチッソ水俣病関西訴訟最高裁判決について伺いました。また、法政大学名誉教授の田中氏からは、「石牟礼道子と水俣学」と題してお話を伺いました。どの講義も時間があっという間に過ぎ、もっと聞きたいと思える内容でした。大学の講義とは思えない、ぜいたくな内容の第19期水俣学講義だったと思います。講師の皆様に感謝申し上げます。
新型コロナ感染症拡大防止のため本年度も、遠隔授業での開催でした。受講生は108名、一般の方々も毎回欠かさず受講してくださいました。また、講義の様子も何度か報道されました。
2022年度も秋学期(2022年9月~2023年1月)に開講いたします。

最近の研究・活動報告