水俣学講義熊本学園大学 学生向け講義

今後の予定

第19期水俣学講義のご案内

第19期水俣学講義を9月24日(木)から2021年1月21日(木)までの間(冬季一斉休業などを省く)、毎週木曜に開講いたします。
時 間:13:00~14:30 教 室:1411教室(14号館1階)
◎今期は、遠隔授業です。*熊本学園大学の履修生はmanabaからの受講してください。
◎開講時には、ライブ中継も行いますので、水俣学研究センターホームページよりご覧ください。http://www3.kumagaku.ac.jp/minamata/(講義時間中のみ視聴可能です。)

◎講義日程(予定)
1:9月24日「水俣学への誘い 」 花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
2:10月 1日「琵琶湖環境問題と水俣病問題はどうつながるか?」嘉田由紀子(参議院議員)
3:10月 8日「家族とともに海に活きる」 杉本肇(水俣病資料館語り部、漁師)
4:10月15日「水俣病の補償・救済 胎児性水俣病患者と社会福祉」 田㞍雅美(水俣学研究センター研究員)
5:10月22日「私が見た水俣-そして今取る行動」アイリーン美緒子スミス(グリーンアクション代表/環境ジャーナリスト)
6:10月29日「水俣病に学んで(相良)村医者50年」緒方俊一郎(医師・相良村教育長・水俣病センター相思社理事)
7:11月 5日「水俣病事件との出会い-反公害50年を生きて」藤原寿和(日台油症情報センターセンター長)
8:11月12日「水俣そしてアフガニスタン」 福元満治(図書出版石風社代表/ペシャワール会広報担当理事)
9:11月19日「石牟礼道子と水俣病―闘争の季節がきた」米本浩二(石牟礼道子資料保存会研究員)
10:11月26日「水俣駐在記者の仕事」西 貴晴(毎日新聞社鹿児島支局長、元水俣通信部部長長)
11:12月 3日「被差別民衆とコロナ感染症そして水俣病をふまえて-差別と向き合うための問題提起-」朝治武(前大阪人権博物館館長)
12:12月10日「生き続ける水俣病ー行政不服審査請求から漁村のくらし、そして今何が問題なのか」井上ゆかり(水俣学研究センター研究員)
13:12月17日   「水俣条約、目標年度の2020年を迎えて、私たちの生活は変わったのか」中地重晴(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
14: 1月 7日   「ウイズコロナの時代を生きる私(たち)にとっての『水俣病事件』」宮北隆志(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
15: 1月21日「水俣病と水俣学の将来展望」花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)

以下は終了しました

研究活動報告

第18期水俣学講義全15回終了いたしました。

第18期水俣学講義全15回、1月23日で終了いたしました。
本年度も、水俣病の被害当事者、支援者、研究者、医師など多彩な方々が講師を務めてくださいました。弁護士では、行政の立場と民間の立場から見た水俣病でした。報道関係の大治さんの話は、特にこれから将来を担う学生によい刺激を与えたことと思います。水俣の徳富さんからは、水俣市民として、当事者とともに活動を続けるものとしての貴重なお話を聞くことができました。川本さんからは、父親の水俣病の活動、家族の状況や想い、とても胸に深く残るものでした。写真家の芥川さんからは写真家しかできない表現、思いを知ることができました。それぞれの立場から語る水俣病、問題点、論点を学びました。本年度も、大学の講義とは思えない、ぜいたくな内容の第18期水俣学講義だったと思います。講師の皆様に感謝申し上げます。
受講生は224名、一般の方々も毎回欠かさず受講してくださいました。また、講義の様子も何度か報道されました。
2020年度も秋学期(2020年9月~2021年1月)に開講いたします。

 

最近の研究・活動報告