出版物ガイド

水俣学研究

水俣学研究の各号を掲載しています。各論文のPDFはダウンロードできます。投稿募集はこちらから

水俣学研究 第10号[発行月・年 July 2020]

PDF一括ダウンロード
目次
目次
守弘先生とのお別れ
守弘先生とのお別れ
花田 昌宣
守弘仁志先生の経歴・研究業績
守弘仁志先生の経歴・研究業績
研究論文
新潟・阿賀野川流域メチル水銀中毒症例の地域調査
齋藤 恒ほか
研究会報告:第3回環境被害に関する国際フォーラム記録
第3回環境被害に関する国際フォーラム報告記録に寄せて
花田 昌宣
記念講演:公害被害の救済と地域再生の歴史的課題
宮本 憲一
基調講演:第3回国際フォーラムの課題:失敗の教訓を将来に活かす
花田 昌宣
セッション 1:加湿器殺菌剤生存者の証言
チョ スンミ
セッション 1:加湿器殺菌剤被害者たちの活動
キム ドクジョン
セッション 1:淮河汚染対策と癌の村の変遷
フォ ダイシャン
セッション 1:日本政府は水俣病をメチル水銀中毒として扱っていない
萩野 直路
セッション 1:裁判や運動の原動力
佐藤 英樹
セッション 2:中国の環境被害と環境政策
チョウ ギョクリン
セッション 2:生活化学物質の居間襲撃-韓国加湿器殺菌剤惨事
チェ イェヨン
セッション 2:グラッシーナロウズ水銀汚染の状況
ジュディ ダ シルバ
セッション 2:
「紛争」解決としての水俣病施策
〜終わることのできない水俣の今
田㞍 雅美
セッション 2:
「紛争」解決としての水俣病施策
〜いま水俣病裁判で何が争われているか
井上ゆかり
セッション 2:阿賀野川流域のメチル水銀中毒症調査
齋藤 恒
セッション 3:水俣とカナダの汚染サイトの修復について
中地 重晴
セッション 3:カナダ先住民水銀汚染地域における健康調査
ドナ マーグラー
セッション 3:長い道のりだった
水澤 洋
パネルディスカッション:将来の課題と国際連携
花田 昌宣、フォ ダイシャン、ジュディ ダ シルバ、チェ イェヨン、齋藤 恒
書評
緒方正実著 阿部浩・久保田好生・高倉史朗・牧野喜好編
『水俣・女島の海に生きる ― わが闘病と認定の半生』
萩原 修子
下田健太郎著 『水俣の記憶を紡ぐ ― 響き合うモノと語りの歴史人類学』
萩原 修子
井上ゆかり著 『生き続ける水俣病 漁村の社会学・医学的実証研究』
宮本 憲一
水俣学研究センタ一報告
研究活動の記録
水俣学研究センタ一規程および内規
水俣学研究センタ一規程および内規

ブックレット

No.17「A Walk to Learn about Minamata Disease」[2020年 3月31日発行]

Open Research Center for Minamata Sutdies,Kumamoto Gakuen University

2019年3月末に発刊しましたブックレットNo.16「ガイドブック 水俣病を学ぶ、水俣の歩き方」の英語版「A Walk to Learn about Minamata Disease」を発刊いたしました。
2007年3月に発刊したブックレットNo.5以来の英語版です。お待たせいたしました。このガイドブックが水俣病だけでなく、公害問題、人権問題などを学ぶ、研究する方々の一助となることを期待しております。また新たな気づきと、たくさんの人と人との出会いを生み出すものとなるとを願っています。
発行:熊本日日新聞社
購入をご希望される方は、熊本日日新聞社(096-361-3274)か当センター(096-364-8913 ,minamata@kumagaku.ac.jp)にお問い合わせください。

No.16「ガイドブック 水俣病を学ぶ、水俣の歩き方」[2019年3月31日発行]

熊本学園大学水俣学研究センター編著

ガイドブックとして2006年にブックレット③として制作し13年が経ち、水俣の町も変化しました。今回、ブックレット⑯として、今の水俣をご紹介することに重きを置き、新版として刊行することになりました。
このガイドが、新たな気づきと、たくさんの人と人との出会いを生み出すものとなるとを願っています。
発行:熊本日日新聞社
購入をご希望される方は、熊本日日新聞社(096-361-3274)か当センターにお問い合わせください。

これまでの出版物

平成27年度〜31年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業成果報告書を刊行しました[2020年5月27日]

熊本学園大学水俣学研究センター

水俣学研究センターは2005(平成17)年に設置され、原田正純先生を中心として、水俣学の構築を目指して研究調査、学内外の教育、社会貢献と情報発信に努め、発足してから15年が経過しました。本書は、2015(平成27)年より5年にわたり実施された文部科学省の「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業:水俣病の経験を将来に活かした地域構想と国際的情報発信のための水俣学研究拠点の構築」の成果報告書です。

事業報告書としての性格として、当初の事業計画と目標をふまえて、得られた成果や達成度を社会に公表し、批判をあおぐことを課題として執筆しています。
ご希望の方は、下記のURLからダウンロードしてください。http://www3.kumagaku.ac.jp/minamata/wp-content/uploads/2020/06/63c53aa696f987c9720aa6d517f52d60-1.pdf

『生き続ける水俣病―漁村の社会学・医学的実証研究』[2020年3月30日]

井上ゆかり

なぜ、いまだ水俣病事件が終わることができないのかー。本書では、原田正純らとともに芦北の漁村で医学的調査を行い、社会学的調査をとおして漁村の暮らしを丹念に捉える水俣学のあり方を明示した。それを通して、患者たちが体現する水俣病の提示、水俣病をめぐる政治的社会的権力構造の分析を他分野の方法論を用い行っている。

発行:藤原書店

価格:3600+税

必要な方は、水俣学研究センターにお問い合わせください。