水俣病事件研究交流集会特定のテーマに関心の深い市民・学生・研究者向けの内容

今後の予定

第14回 水俣病事件研究交流集会 参加募集 のお知らせ

第14回「水俣病事件研究交流集会」を2019年1月12日(土)~13日(日)水俣市公民館で開催いたしますので、ご案内をさせていただきます。
2018年5月1日に水俣病公式確認から62年目を迎え、2017年8月13日には「水銀に関する水俣条約」が発効されました。2018年9月26日、水俣病が公害と認められた日から50年を迎えました。水俣病の発生が水俣保健所に届けられ、公害と認められるまでなぜ12年も要したのか。その間、患者たちは放置され、被害は拡大していきました。水俣病は魚介類を多食することによって発病することは、1956年にはわかり、メチル水銀であることも1959年にはわかったうえで、国や熊本県、チッソは、患者を放置し続けたのです。
水俣病事件研究交流集会では、水俣病の実態、現実に即した研究成果を報告して頂き、現場の声を聞き、議論し、意見交換を進めていきたいと思います。
プログラムは確定次第水俣学研究センターのHP  http://www3.kumagaku.ac.jp/minamata/  に掲載します。参加ご希望の方は、下記の参加申し込み用紙に必要事項をご記入の上、メール・FAXにてお申込みください。
*12日懇親会と13日のお弁当は、12月20日(木)までにお申し込み下さい。

第14回 水俣病事件研究交流集会
開催日:2019年1月12日(土)13:00~18:0012:30受付開始)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 19:00~懇親会
〇〇〇〇〇〇〇〇〇/13日(日)10:00~15:009:30受付開始)
場 所:水俣市公民館ホール(住所:水俣市浜町2-10-26  電話:0966-63-8402)
懇親会会場:スカイレストラン えむず(水俣市大黒町2-3-18エムズシティ5F電話:0966-63-3252)
各自で移動をお願いします。
資料代:1,000円 懇親会費:男性3,240円 女性2,370円 13日お弁当:500円

以下は終了しました

研究活動報告

第14回水俣病事件研究交流集会を開催しました。

第14回水俣病事件研究交流集会を2019年1月12~13日に水俣市公民館で開催しました。
両日とも160人の参加がありました。研究者だけでなく、現場の医師、弁護士、水俣病患者、支援者、大学生・院生らが参加し、報告に対し活発な意見交換、質疑応答ができました。今回も、新潟、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、神戸、滋賀、京都、岡山、山口、九州各地から、また、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科からブータン、インド、インドネシア、タイ、エチオピアなどの留学生も参加があり、国際的な場ともなりました。
報告は、人文学から医学、汚染サイトの問題、訴訟など多岐にわたり、15の報告がありました。初日に予定していた「映像で振り返る 石牟礼道子の世界」吉崎氏は、体調不良のため、報告は中止となりました。水俣病の人文学では、「新村苑子氏の『葦辺の母子 新潟水俣病短編小説集Ⅱ』について」後藤氏、「漁村での10年 -見えたこと、見えなかったこと-」飯島氏は9回目の報告、「『暮しの手帖』のなかの公害―1967年秋号の特集記事が描く水俣病」池田氏が報告しました。水俣病の医学では、「胎児性水俣病患者さんの日常生活動作(ADL)の変化」頼藤氏、「水俣病互助会訴訟の医学論争点」三浦氏、「不知火海・水俣対岸地域におけるメチル水銀の健康影響」高岡氏と医療と訴訟の現場に即した報告がありました。汚染サイトとしての水俣では「日本における水銀規制の現状と今後の課題」中地氏、水俣市でも問題になっている「水俣川河口臨海部振興計画の問題点」山下氏から報告がありました。2日目は、水俣病訴訟の今として「ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の現状と課題」高峰氏が熊本水俣病の訴訟について、新潟からは「新潟の三次訴訟高裁判決の誤り、行政訴訟高裁判決と比較して」萩野氏が報告をしました。水俣の過去と現在では「1968年三資料(市民会議発足ビラ、恥宣言、政府見解)紹介」矢作氏、「現地研究センター資料からみえる守山工場(日窒アセテート)労組と水俣との関係についての一考察」大門氏・籾木氏は初めての報告、「「もやい直し」の現代的意義を再考する」除本し・尾崎氏から報告がありました。最後は、水俣の歴史と水俣病として「史料でみる近世の水俣-船津村の位置づけをめぐって-」矢野氏は初めての報告、「水俣避病院と水俣病差別」花田氏が報告をしました。最後まで濃厚な質疑応答、意見交換ができました。

次回は、2020年1月11日(土)~12日(日)に開催予定です。

最近の研究・活動報告