水俣病事件研究交流集会特定のテーマに関心の深い市民・学生・研究者向けの内容

今後の予定

第14回 水俣病事件研究交流集会 演題・報告募集 のお知らせ

第14回「水俣病事件研究交流集会」を2019年1月12日(土)~13日(日)水俣市公民館で開催いたしますので、ご案内をさせていただきます。
2018年9月26日、水俣病が公害と認められた日から50年を迎えました。水俣病の発生が水俣保健所に届けられ、公害と認められるまでなぜ12年も要したのか。その間、患者たちは放置され、被害は拡大していきました。水俣病は魚介類を多食することによって発病することは、1956年にはわかり、メチル水銀であることも1959年にはわかったうえで、国や熊本県、チッソは、放置し続けたのです。
水俣病事件研究交流集会では、水俣病の実態、現実に即した研究成果を報告して頂き、現場の声を聞き、議論し、意見交換を進めていきたいと思います。
プログラムは、事務局および関係者で協議しつつ弾力的に運営していきたいと思います。ただ、調整はかなり困難なこともあり、関係者、発表予定者と協議して進めますが、最終的には、事務局にお任せしていただくことになります。あらかじめご承知おき下さい。
*演題・報告応募が多数の場合、お断りすることもございますので、あらかじめご了承ください。
プログラムは水俣学研究センターのHPに掲載します。
報告希望の方は、参考資料の演題・報告申し込み用紙に必要事項をご記入の上、1116日(金)までメール・FAXにてご返信ください。

申込先:熊本学園大学水俣学研究センター
〒862-8680 熊本市中央区大江2-5-1
TEL:096-364-8913  FAX:096-364-5320
Email:minamata@kumagaku.ac.jp

第14回 水俣病事件研究交流集会(予定)
開催日:2019年1月12日(土)13:30~17:00(13:00受付開始)
〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇119:00~懇親会
〇〇〇 〇〇〇〇〇 13日(日) 9:30~15:00(9:00受付開始)
場 所:水俣市公民館ホール(住所:水俣市浜町2-10-26  電話:0966-63-8402)
懇親会会場:スカイレストラン えむず(水俣市大黒町2-3-18エムズシティ5F電話:0966-63-3252)
資料代:1000円 懇親会費:男性3,240円 女性2,370円 8日お弁当:500円

以下は終了しました

研究活動報告

第13回水俣病事件研究交流集会を開催いたしました。

第13回水俣病事件研究交流集会を1月6日(土)7日(日)に水俣市公民館ホールで開催いたしました。
今回、医学では頼藤先生が「水俣における周産期・乳児期の健康アウトカムの時間的トレンドについて」、三浦先生からは「国県の水俣病発症閾値50ppm論の誤りとその政治的意図」、高岡滋医師からは「水俣病の症候の特徴と中枢神経系の特性」の報告がありました。訴訟関連では、中島弁護士から「ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の報告」、そして今回一番注目を集めたと思われる新潟水俣病義務付け訴訟高裁判決について、高島弁護士「新潟水俣病行政訴訟高裁判決9名中9名認定!」、萩野さんより「11月29日の新潟水俣病行政認定義務付け訴訟控訴審判決について」として、高裁判決の意義や今後について報告がありました。水俣からは第1回水銀に関する水俣条約締約国会議に参加した谷由布さんから「水俣条約締約国会議ジュネーブ報告」があり、坂本しのぶさんも一緒に報告してくださいました。今回初めて報告された方々もおられ、若手の研究者の活躍を期待しています。
今回は、水俣学研究センターの戦略的研究基盤形成支援事業2期目の中間報告もあったため、外部評価委員の嘉田由紀子(前滋賀県知事)さん、長谷川公一(東北大学大学院文学研究科教授 )さん、赤木洋勝(国際水銀ラボ取締役所長)さんにもご参加いただきました。
1月6~7日と早い時期でしたが、遠くは福島・新潟・東京・埼玉、関西、九州と日本各地から両日170人以上の方々に参加していただきました。
机上の議論ではなく、現場に即した報告、議論が交わされました。例年のことですが、時間が限られており議論が尽くせませんでした。各自が持ち帰り、今後も検討し向き合いつづけることとなると思います。
来年は、2019年1月12日(土)13日(日)に開催予定です。

最近の研究・活動報告