水俣病事件研究交流集会特定のテーマに関心の深い市民・学生・研究者向けの内容

今後の予定

第15回 水俣病事件研究交流集会 参加募集 のお知らせ

第15回「水俣病事件研究交流集会」を2020年1月11日(土)~12日(日)水俣市公民館で開催いたしますので、ご案内をさせていただきます。
2019年5月1日に水俣病公式確認から63年を迎えました。水俣病の発生が水俣保健所に届けられ、公害と認められるまで12年も要した結果、多くの被害を生み出しました。しかし、現在も、裁判や認定申請があっているように、救済されない被害者がたくさんいます。その責任は、どこにあるのか明確だと思います。
水俣病事件研究交流集会では、水俣病の実態、現実に即した研究成果を報告して頂き、現場の声を聞き、議論し、意見交換を進めていきたいと思います。
プログラムは、事務局および関係者で協議しつつ弾力的に運営していきたいと思います。ただ、調整はかなり困難なこともあり、関係者、発表予定者と協議して進めますが、最終的には、事務局にお任せしていただくことになります。あらかじめご承知おき下さい。
プログラム案は下記の参考資料のプログラム案をご覧ください。

*11日懇親会と12日のお弁当は、1223日(月)までにお申し込み下さい。
**12日(日)の受付と開始時間を30分遅くしております。ご了承ください。

第15回 水俣病事件研究交流集会
開催日:2020年1月11日(土)13:30~17:00(13:00受付開始)
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇19:00~懇親会
〇〇〇〇〇〇〇〇〇12日(日)10:009:30~15:00(9:309:00受付開始)
場 所:水俣市公民館ホール(住所:水俣市浜町2-10-26  電話:0966-63-8402)
懇親会会場:あらせ会館(水俣市栄町2-2-7 電話:0966-63-1100)
資料代:1,000円 懇親会費:4,500円 12日お弁当:800円

申込先
事務局:熊本学園大学水俣学研究センター 田尻
〒862-8680 熊本市中央区大江2-5-1
TEL:096-364-8913  FAX:096-364-5320
Email:minamata@kumagaku.ac.jp

以下は終了しました

研究活動報告

第15回水俣病事件研究交流集会を開催いたしました。

第15回水俣病事件研究交流集会を2020年1月11~12日に水俣市公民館で開催いたしました。今回は、事前申込みから120名を超え、1月11日(土)170人、1月12日(日)150人、延べ320人の参加がありました。研究者だけでなく、現場の医師、弁護士、水俣病患者、支援者、大学生・院生らが参加し、報告に対し活発な意見交換、質疑応答ができました。今回も、新潟、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、神戸、滋賀、京都、岡山、山口、九州各地から、また、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科からミャンマー、インド、インドネシア、タイ、ベトナム、エチオピア、中国などからの留学生も参加があり、国際的な場ともなりました。水俣病だけではなく、カネミ油症や中皮種・じん肺・アスベストにかかわる方々、報道関係の方々にもご参加いただきました。
1月11日(土)水俣病を学ぶことでは、「教育と水俣病 -水俣病事件と水俣高校の公害教育(1980年前後)-」石井さん、「「水俣病を考える」から「水俣病から考える」へ」早乙女さんが、初めて報告されました。水俣病訴訟の今では、「ノーモア・ミナマタ訴訟で明らかとなった貴重な事実」ノーモア・ミナマタ訴訟弁護団の村山弁護士、「新潟水俣病第二次行政訴訟の闘い」新潟水俣病第二次行政訴訟事務局の萩野さん、「第二世代訴訟の現在」水俣病被害者互助会の谷さんから報告がありました。
1月12日(日)水俣病の医学では「新潟水俣病における妊娠規制の諸問題」大阪樟蔭女子大学の佐藤さんが初めての報告。「胎児期メチル水銀曝露に関する疫学研究のまとめ」岡山大学大学院医歯薬学総合研究科疫学・衛生学分野の頼藤さん、「日本神経学会「回答」の問題点」神経内科リハビリテーション協立クリニックの高岡さんらの報告は、継続した内容でした。水俣の今では「水俣川河口臨海部振興構想を考える」水俣学研究センターの中地さん、「「水俣病」の将来を構想する:被害者の犠牲者非難の構図からの脱出」水俣学研究センター花田さんより報告がありました。最後まで濃厚な質疑応答、意見交換ができました。
研究会の様子は、ニュースや各誌の新聞で報道されました。

次回は、2021年1月9日(土)~10日(日)に開催予定です。

最近の研究・活動報告