公開セミナー・シンポジウム市民向けの一般的な内容

今後の予定

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業成果報告シンポジウムのご案内

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業成果報告シンポジウム―水俣病の現在と水俣学の創造―
日 時:2019年12月23日(月)13:00開場 13:30開会 16:30終了予定
場 所:熊本学園大学14号館2階1422教室(熊本市中央区大江2-5-1)

故・原田正純先生の提唱によって2005年に発足した水俣学研究センターは、第1期2005~2009年文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業として、第2期2010~2014年、第3期2015年~2019年、同省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業として採択され15年が過ぎようとしています。そこで、第3期の事業成果報告会を開催することとなりました。
今回の成果報告会では、これまでの取り組みの概要とその成果や今後の課題について発表すると同時に、ご出席の皆様から忌憚のないご意見を頂戴し、第4期の研究センターの事業活動に活かしていきたいと考えております。ご多用中とは存じますが、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
案内チラシもご覧ください。

*準備の都合上、ご出席の方は参考資料の申し込み用紙に必要事項を記入し、下記にお申し込みくださいますようお願いいたします。
熊本学園大学水俣学研究センター
TEL 096-364-8913/FAX 096-364-5320
Email minamata@kumagaku.ac.jp

以下は終了しました

研究活動報告

“ノーモア・ミナマタ&ノーモア加湿器殺菌剤惨事”水俣病事件と加湿器殺菌剤惨事日韓ワークショップを開催いたしました。

水俣病事件と加湿器殺菌剤惨事日韓ワークショップを2月25日(月)、水俣市公民館第一研修室で行いました。
韓国から17人、国内合わせ30人ほどが参加しました。韓国からの呼びかけがあり、水俣病の補償・救済制度などを学び、韓国の加湿器殺菌剤事件へ活かしたいとの思いがあり、開催しました。最初に水俣学研究センター長の花田が複雑な水俣病の補償・救済制度について「水俣病被害者への補償と認定制度」を報告し、活発な質疑応答が行われ、1時間ほど延長し行いました。午後からは、韓国の方々から以下のようにご報告を頂きました。

「生活化学物質の居間襲撃 韓国加湿器殺菌剤惨事」チェ・イェヨン(大韓民国政府社会的惨事特別調査委員会副委員長)
「水俣有機水銀中毒と加湿器殺菌剤惨事から学ぶ教訓―2つの惨事の比較:同様と差異―」アン・ジョンジュ(檀国大学招聘教授・社会的参事特別調査委員会委員長)
「加湿器殺菌剤被害が与える示唆」イム・ジョンハン(仁荷大医科大学)
「加湿器殺菌剤:環境暴露調査分野」パク・ドンウク(韓国放送通信大学環境保健学科)
「加湿器殺菌剤被害者救済のための特別法の争点と課題:被害者の権利の観点から」パク・テヒョン(江原大学法学専門大学院)
国際フォーラムに続く、日韓ワークショップでしたが、水俣病と加湿器殺菌剤事件に的を絞った有意義なワークショップとなりました。

最近の研究・活動報告