公開講座市民向けの一般的な内容

今後の予定

第15期公開講座「負の歴史をどう語り継ぐのか~次世代による負の遺産の伝承とは~」のご案内

2018年度 熊本学園大学水俣学研究センター第15期公開講座「負の歴史をどう語り継ぐのか~次世代による負の遺産の伝承とは~」を開催いたします。
戦争、原爆、水俣など経験した世代が高齢化し、経験者、被害者の多くが亡くなってきています。人類が経験したこと、負の歴史を次世代にどう語り継ぐのかが、各地で問題になってきています。たとえば、沖縄戦、ひめゆり部隊の経験を子供の世代が語り部として、見学者を案内するようになってきました。水俣病資料館でも、第一次訴訟の原告や認定患者の語り部は高齢で引退し、家族が代わって語り部として語るようになってきています。
負の遺産として、公害や戦争被害の経験や教訓をどのように語り継ぐのか、各地の取り組みを聞く中で、水俣病被害をどのように次世代に伝えていくのかを、水俣市民とともに考えていきたいと思います。

期 間:2018年10月2日から10月30日までの毎週火曜
時 間:18:30~20:30
会 場:水俣市公民館第1研修室(水俣市浜町2丁目10番26号)
後 援:水俣市教育委員会

〇講義日程と講師
10月 2日 「沖縄戦を語り継いでいく具体的な提案 〜”伝え手”となってもらう平和学習実践〜」 国仲 瞬 (株式会社 がちゆん 代表取締役)
10月 9日 「四日市公害から学んだこと。今、私たちにできること。」 谷崎仁美 (自然観察指導員三重連絡会 事務局長)
10月16日 「被爆二世として生きる」 寺中正樹 (山口被爆二世の会代表)
10月23日 「あおぞら財団の活動と公害経験を伝えること」 村松昭夫 (あおぞら財団理事長・弁護士)
10月30日  「水俣病を学び伝えていく~あやまちを繰り返さない主権者となるために~」 高木 実 (水俣芦北公害研究サークル・熊本学園水俣学研究センター客員研究員)

受講はすべて無料です。
全講義受講者には修了証を発行いたします。
関心のある回のみの参加も可能です。

お申込み・お問い合わせ先
熊本学園大学水俣学現地研究センター
Tel:0966-63-5030 Fax:0966-83-8883
E-mail:m-genchi@kumagaku.ac.jp

 

以下は終了しました

研究活動報告

第14期公開講座「払っているだけの介護保険?はじめの一歩」を開催いたしました。

2000年から施行された介護保険は、3年ごとに見直しがされ、制度が変わっています。水俣市では本年度から介護保険改正に伴う総合支援事業が開始されていますが、その内容は、どれだけ理解されているでしょうか。水俣市の高齢化率は34.83%、15歳から64歳までの生産年齢人口の構成比は53.48%(2015年4月現在)で、団塊世代が75歳以上となる2025年以降は医療や介護のさらなる需要増加が見込まれています。さらに水俣市では、水俣病公式確認から61年を迎え、患者の平均年齢が77.7歳(NHK2017年5月1日報道)となった今年、水俣病患者の抱える介護および地域福祉の課題も具体的に検討していかなければなりません。介護保険制度を改めて学び、介護保険制度をより身近にとらえていただけるように考え開催しました。
熊本学園大学社会福祉学部の松本教授からは、ドイツや他の国との比較から制度の成り立ちと違いを学び、介護が措置から契約への意味をお話しいただいた。熊本市内で介護の実践をされている那須氏からは、自治体が中心となって介護予防に取り組む事例を専門職のかかわりとともに紹介していただいた。水俣市社会福祉協議会の秋山さんからは、水俣市の高齢率、介護の状況、問題点など丁寧にお話しいただき、現状を理解することができた。熊本学園大学社会福祉学部黒木淳教授からは、認知症の人を家族だけでなく地域で支える事例を紹介していただき、今後の展望を議論した。最後に熊本学園大学社会福祉学部下地教授から、ケアの場が持つ意味、人々のかかわりについて講義していただいた。
今回は、一般市民の方と水俣市の介護や医療の現職の方に多く参加いただいた。現場で抱える悩みなどの質問もあり、活発な議論が毎回なされ、アンケートにも深く学べたとご意見をいただくことができました。今回の公開講座は、延べ165人の方が受講、13人の方が全5回を受講され、修了証を発行しました。
来年度も開催いたしますので、ご希望などございましたら、HPの「お問い合わせ」をご利用の上、ご連絡ください。

最近の研究・活動報告