開催スケジュール

研究・活動報告一覧へ

水俣学講義の開催スケジュール

第16期水俣学講義のご案内

第16期水俣学講義を9月21日(木)から2018年1月25日(木)までの間(冬季一斉休業などを省く)、毎週木曜に開講いたします。
時間:14:40~16:10
教室:熊本学園大学11号館6階 1163教室
開講時には、ライブ中継も行いますので、当センターHPよりご覧ください。
講義日程(予定)は、関連資料もご覧ください。
1:9月21日 「水俣学への招待」花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
2:9月28日 「水銀条約の発効と水銀規制に関する世界の課題、日本の課題」中地重晴(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
3:10月5日 「水俣病事件とアジアの産業公害そして水銀条約COP1」谷 洋一(水俣病被害者互助会事務局・NPO法人水俣病協働センター理事)
4:10月12日 「『水俣』を伝える」平野恵嗣(共同通信社国際局海外部記者)
5:10月19日 「水俣病補償協定締結訴訟の意義」大川一夫(弁護士・龍谷大学法学部非常勤講師)
6:10月26日     DVD上映
7:11月9日 「水俣に生まれて」吉永理巳子(水俣病を語り継ぐ会代表)
8:11月16日 「医学的に隠された水俣病被害の実態を明らかにしてきた47年の取り組み」  藤野 糺(水俣病訴訟支援公害をなくす県民会議医師団団長)
9:11月30日 「水俣の声を記録し伝える 熊本から全国へ そして世界へ」大木真美(熊本県民テレビ)
10:12月7日 「胎児性・小児性水俣病患者~被害を訴え続ける~」 田㞍雅美(熊本学園大学水俣学研究センタ―)
11:12月14日  「〈水俣〉と出会う 埼玉大学水俣合宿の取り組みから」安藤聡彦(埼玉大学教育学部教授)
12:12月21日  「水俣病の診察を通して―「素」の診察―臨床医学にこだわってみる」下地明友(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センタ―)
13:2018年1月11日  「水俣病の公式確認と猫実験の頃」高峰 武(熊本日日新聞社 論説顧問)
14:1月18日 「漁村のくらしをみつめ水俣病被害をとらえなおす」 井上ゆかり(熊本学園大学水俣学研究センタ―)
15:1月25日 「まとめ 水俣病をめぐる今後の課題」花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)

第15期水俣学講義のご案内

第15期水俣学講義を9月29日(木)から2017年1月19日(木)までの間(冬季一斉休業などを省く)、毎週木曜に開講いたします。

時間:13:00~14:30
教室:熊本学園大学11号館6階 1163教室
開講時には、ライブ中継も行いますので、当センターHPよりご覧ください。
講義日程は、関連資料もご覧ください。

①9月29日「水俣学へのいざない:水俣病事件の歴史と現在」  花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
②10月 6日「胎児性・小児性水俣病患者にとっての水俣病」田㞍雅美(熊本学園大学水俣学研究センター)
③10月13日「私にとっての水俣病」中村雄幸(熊本水俣病を告発する会)
④10月20日「水俣病とわたし」坂本しのぶ(水俣病患者)・谷由布
⑤10月27日       DVD上映(ライブ中継は、ございません)
⑥11月10日「水俣病公式確認60年と報道のいま」田中久稔(朝日新聞)
⑦11月17日「水俣病問題と差別禁止法」谷川雅彦(部落解放・人権研究所所長)
⑧11月24日「水俣病と環境権の国際的展開」大久保規子(大阪大学法学研究科法学・政治学専攻)
⑨12月 1日「ある漁村の世帯でみる生産され続ける水俣病被害」井上ゆかり(熊本学園大学水俣学研究センター)
⑩12月 8日「私たちの水俣病」岩本昭則、敬子(水俣病患者)
⑪12月15日「水俣病と医学」高岡 滋(みなまた協立病院クリニック)
⑫12月22日「東京からの「定点支援」47年 得したか損したか」久保田好生(東京水俣病を告発する会)2017年
⑬ 1月 5日「水俣を水銀条約の汚染サイトとして評価する」中地重晴(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
⑭ 1月12日「水俣病の公式確認から60年〜その「責任」と「償い」は?〜」宮北隆志(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
⑮ 1月19日「世界の水俣病 カナダ調査の報告」花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)

第14期 水俣学講義のご案内

14期 水俣学講義を924日(木)から2016年114日(木)までの間(冬季一斉休業などを省く)、毎週曜に開講いたします。
時間:13:00~14:30
教室:熊本学園大学11号館6階 1163教室
開講時には、ライブ中継も行いますので、当センターHPよりご覧ください。
講義日程は、関連資料もご覧ください。

①9月24日 「水俣学へのいざない:水俣病事件の歴史と現在」 花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
②10月 1日 「行政不服審査請求から水俣病認定制度を検討する」 井上ゆかり(熊本学園大学水俣学研究センター)
③10月 8日 「フクシマからミナマタを考える」 山田 真(八王子中央診療所理事長・小児科医)
④10月15日 「胎児性・小児性水俣病患者 放置された人々」 田尻雅美(熊本学園大学水俣学研究センター)
⑤10月22日 「水俣病とともに」 下田良雄・下田綾子(水俣病患者)
⑥10月29日 「私の活動の中で水俣病から学んだこと」川合 仁(京都現代医学研究所・川合診療所・精神科医)
⑦11月  5日  DVD上映
⑧11月12日 「災害ボランティアの心構え~水俣ー阪神淡路大震災ー東日本大震災~」 村井雅清(阪神淡路大震災被災地NGO協働センター)
⑨11月19日  「初めに水俣ありき」 山上徹二郎((株)シグロ代表取締役・映画プロデューサー)
⑩11月26日 「『負の遺産』としての水俣病事件の経験を活かした水俣・芦北地域の再構築に向けた歩みと今後の課題」宮北隆志(熊本学園大学社会福祉学部・水俣学研究センター)
⑪12月 3日  「水俣市及び水俣湾周辺の水銀による環境汚染の過去と現在、未来」 中地 重晴(熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター)
⑫12月10日  「足尾・水俣・福島ー通底する公害の構造ー」 菅井益郎(国学院大学経済学部)
⑬12月17日 「『水俣病を告発する会、京都』、駆け出しの頃といま」 大津定美 (神戸大学名誉教授・「NPO.ミャンマー農村に小水力発電を」理事)
2016年
⑭1月 7日  「人間(ひと)がつくるジャーナリズム(仮)」 井上佳子(熊本放送報道制作局テレビ制作部チーフディレクター)
⑮1月14日 「 水俣病発生公式確認60年を迎えて:いま考えるべきこと」 花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター)。

第13期 水俣学講義のご案内

第13期 水俣学講義を9月25日(木)から2015年1月22日(木)までの間(冬季一斉休業など省く)、毎週木曜に開講いたします。
時間:13:00~14:30
教室:熊本学園大学11号館6階 1163教室
開講時には、ライブ中継も行います。
講義日程は、関連資料もご覧ください。

講義日程(予定)
9月25日「水俣学への誘い」 花田 昌宣 (熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター)
10月2日「胎児性水俣病患者の過去と現在」 田尻 雅美(熊本学園大学水俣学研究センター)
10月9日「認定制度の現状と矛盾ー58年経てもなお続く行政的水俣病の問題」 井上 ゆかり(熊本学園大学水俣学研究センター)
10月16日「水俣病の今日までの流れ」 上村 好男(水俣病互助会会長)
10月23日「水銀条約の内容と日本の課題」 中地 重晴(熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター)
10月30日           休 講
11月6日「“「水俣病」とともに語るときに私の語ること”―水俣学現地センターから―」 下地 明友(熊本学園大学社会福祉学部/医師)

11月13日「福島原発事故~避難にみる構造的問題ー水俣の歴史に学ぶ」  佐藤 彰彦(福島大学うつくしまふくしま未来センター 地域復興支援部門 特任准教授 )
11月20日「熊本水俣病第一次訴訟」 坂東 克彦(熊本水俣病第一次訴訟弁護団 新潟水俣病元弁護団長)
11月27日「私が出会った水俣病事件」 伊東 紀美代(NPO法人水俣病協働センター)
12月4日「「水俣」のテレビドキュメンタリー・アーカイブ」 小林 直毅(法政大学社会学部教授)
12月11日「水俣病報道と全国紙の役割」 野上 隆生(朝日新聞編集委員兼論説委員)
12月18日 Video上映
2015年
1月8日「水とコモンズ:水源管理としての米国国立公園・国有林」 森下 直紀   (和光大学)
1月15日「『失敗の教訓』を将来に活かす~急速な工業化が進むタイでの取り組み~」 宮北 隆志( 熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター )
1月22日「世界の水俣病の現状と未来へのメッセージ」 花田 昌宣(熊本学園大学社会福祉学部/水俣学研究センター)

 第12期 水俣学講義のご案内

第12期 水俣学講義を9月26日(木)から毎週木曜に開講いたします。
時間:13:00~14:30 教室:熊本学園大学11号館7階 1173教室
開講時には、ライブ中継も行います。
講義日程は、関連資料をご覧ください。

水俣学講義プログラム更新いたしました

第11期水俣学講義第14回 2013年1月24日(木)西﨑伸子先生のタイトル「予防原則とは何か;原発事故と放射線防護」と変更になりましたのでお知らせいたします。

水俣学講義プログラム変更のお知らせ

12月7日「国策に翻弄される地域~水俣・福島・沖縄」宮北隆志

1月25日「水俣学の今後の課題」花田昌宣

となりましたのでご連絡いたします。

新しいプログラムをご覧ください。

水俣学講義 第3回目中地重晴先生資料

10月5日 水俣学講義3回目「福島原発事故と放射能汚染と付き合う社会の到来」中地重晴

の配布資料を掲載いたします。

ライブ中継をご覧の方は、参考にされてください。

水俣学講義 第1、2回目 丸山・花田先生配布資料

第11期水俣学講義 第1回目「水俣病と地域社会」丸山定巳

第2回目「水俣病50年の歴史と現在”水俣学の試み”」花田昌宣

配布資料を掲載いたします。

第11期 水俣学講義のご案内

第11期 水俣学講義を9月21日(金)から毎週金曜日に開講いたします。

時間:14:40~16:10 教室:熊本学園大学11号館6F 1163教室

9 月21日「水俣病と地域社会」丸山定巳(熊本学園大学教授)

9 月28日「水俣病50年の歴史と現在“水俣学の試み”」花田昌宣(熊本学園大学教授)

10月5日「福島原発事故と放射能汚染と付き合う社会の到来」中地重晴(熊本学園大学教授)

10月12日 「原田正純 100年インタビュービデオ」

10月19日「水俣病は終わらない、今後の課題」 大石利生(水俣病不知火患者会会長)

10月26日「私の人生~水俣病にうばわれた~」生駒秀夫(水俣病家庭互助会)

11月 9日「裁判の支援を通して見えてきたもの(仮)」平郡真也(溝口訴訟・互助会訴訟 弁護団事務局)

11月16日「水俣病の法的救済と現状」三角恒(弁護士)

11月30日「水俣湾ヘドロ処理と埋め立て地の現在」小松聰明(元水俣湾公害防止事業所長、元水俣市助役)

12月 7日「アジア太平洋のなかの日本・沖縄ー米軍基地を通して」我部政明(琉球大学 国際沖縄研究所所長)

12月14日「水俣病と健康危機管理」緒方剛(茨城県庁筑西保健所長)

12月21日「水俣 希望の命~胎児性患者さんとの20年~」吉崎健(NHKプラネット九州支社制作部エグゼクティブディレクター)

1月11日「カネミ油症と水俣病」下田守(下関市立大学教授)

1月24日(木曜日)「原発事故後の福島の子どもたちをとりまく生活環境(仮)」西﨑伸子(福島大学行政政策学類准教授)

1月25日 熊本学園大学

本年度も、講義中のみインターネットライブ中継を行います。