これまでの出版物

これまでの出版物

水俣学研究センター資料叢書Ⅵ 「不知火海の漁師聞き書き」[2017年3月30日]

花田昌宣 編集

水俣学の基本的な考え方の一つとして、「地域に学ぶ」、「専門家と素人との協働」という方法が示されています。これは、原田正純氏が提起したものであり、水俣学研究センターの日常的な調査研究活動のベースになっている。これは単なるスローガンとしてかかげられるだけではなく、不断に調査研究の展開において重要視していることであり、ここに水俣学の方法の真価が問われるものと考えています。今回、刊行する漁民聞き書きは、そうした方法の一つの成果です。

ご希望の方は、当センターにお問い合わせください。

原田正純著『心とからだに聴く話』[2014年12月28日]

編集:熊本学園大学水俣学研究センター・熊本日日新聞

編集:熊本学園大学水俣学研究センター・熊本日日新聞
発行:熊日新聞社
価格1300円+税
原田正純先生が1988年から2012年5月までの25年間「労金新聞」に連載したエッセーをまとめて一冊の本として出版いたしました。
ご希望の方は当センターにお問い合せ下さい。

地域健康影響評価 タイ・チャチェンサオ県、パノムサーラカム郡、 タンボン Khao Hinsorn における石炭火力発電所の事例[2015年6月]

宮北隆志 監訳  松田加洋子 翻訳  吉村千恵 協力

水俣学研究センターでは、2012年12月にタイから研究者やNPOのスタッフを招待して、「健康影響評価(ヘルスインパクトアセスメント)」に関する国際シンポジウムを開催しました。その後、健康影響評価を研究者やコンサルの手に委ねるのではなく、当該地域住民の深い関与/参画によるタイ独自の取り組みとしての「地域健康影響評価(CHIA: Community Health Impact Assessment )」の考え方を紹介する冊子「活性化するタイの地域健康影響評価(日本語版)」を、2013年3月発行しました。
今回の冊子は、「Community Health Impact Assessment: A case of coal generator at Khao Hinsorn sub-district, Phanom Sarakham district, Chachoengsao province(英語版)」を日本語に翻訳したもので、タイにおけるCHIAの事例集として、「人と鉱山:ルーイの未来(日本語版)」(2014年3月発行)に続いて発行するものです。日本語版:2015年6月
宮北 隆志 監訳
松田加洋子 翻訳
吉村 千恵 協力

英語版
『Community Health Impact Assessment』
National Health Commission Offi ce of Thailand
National Health Building 88/39 Moo 4 Talat Khwan sub-district, Mueang district, Nonthaburi provinc
Tel.0-2832-9000
Web.www.nationalhealth.or.th and www.thia.in.th

国際交流・海外調査のタイ・マプタプット工業団地における被害調査のページからダウンロードできます。
http://www3.kumagaku.ac.jp/minamata/international/international02

『さいれん』復刻版刊行記念シンポジウム報告書[2014年3月1日]

井上ゆかり

新日本窒素労働組合の機関紙「さいれん」の復刻版(全24巻)は、2010年12月から2013年6月にかけて、全6回配本で柏書房より刊行しました。2013年6月、復刻版刊行の完結にともない熊本学園大学水俣学研究センターでは「水俣に生きた労働者の軌跡」と題して熊本市でシンポジウムを開催しました。本報告書は、基調講演や報告の記録です。非売品。ご希望の方は当センターにお問い合せ下さい。

人と鉱山 ルーイの未来[2014年3月]

宮北隆志 監訳  松田加洋子 翻訳 吉村千恵 協力

初版:タイ版2011年2月
英語版:2012年8月
発行者:HIAコーディネーティング
タイ国家健康委員会事務局
発行所:Plan Plinting
日本語版 宮北隆志 監訳 松田加洋子 翻訳 吉村千恵 協力
発行:熊本学園大学水俣学研究センター